fiosブログ

ジュエリーを愉しもう! ポルトガルの金銀細工フィリグラーナの制作や、ジュエリーと共に送るヨーロッパでの日々。

免許更新

今年は運転免許と船舶免許が切れるので、そろそろ手続きをしようと思い、問い合わせました。

早めにやっておきたかったのですが、私は去年引っ越しをして、まだポルトガルの滞在許可証が前の住所のままだったんです。滞在許可証は、私たち外国人がこちらで身分証明書として使うものなので、各種手続きにおいて必ず提示しないといけません。というわけで、まずは滞在許可証の住所変更から、と外国人管理局に問い合わせたのが去年の12月。そして、リスボン市内か近郊で一番早く手続きできるところとお願いしたら、予約を取れたのが今日でした。

さて、一応手続き済みという紙をもらったので、次は免許と、車のほうと船のほう、どちらも問い合わせ。

船舶免許は、なんとビックリ、2018年に法律が改定されたとかで、今有効の免許は、本人が70歳になるまで有効になってます、とのこと。

f:id:fios_filigrana:20210420012238j:image

免許証には有効期限2021年となっているけど、特に書き換えなしで70歳まで使えますから気にしなくていいですよって。ポルトガルの船舶免許は、世界のかなりの国で有効なんですけど、もし外国で船に乗ることがあるなら、新しい免許証に交換しておいてください、と言われました。うーん、ポルトガルでもほぼ使うことがないので、外国で使う可能性はかなり低いわ。

私は免許を取ったのが40歳になった時で、これが70歳まで使えるということは、しゃ、写真が古過ぎないかい?😓

うーん、もし写真も新しいものに変えれるなら、やっぱり暇な時に有効期限を変更したものに変えてもらおう。

日本だと、船舶免許も自動車免許と同じく5年更新だそうですね。国によって、こんなに違いがあるって驚きます。

ちなみに私の車の免許証は20年前のもので、今写真を見てもそんなに著しい変化は感じないですけどね。と自分で言ってますが、他の方の意見は聞いてません😆

 

話はガラッと変わりますが、今日から規制緩和第三段階、やっと飲食店の店内飲食が再開しました。

今朝外国人管理局に行ったとき、一時間前くらいに着いたので、近くのカフェで早速店内飲食してきました。なんか嬉しかった☺️

f:id:fios_filigrana:20210420013907j:image

そしてマロニエのお花もきれいだったので、パチリ。

f:id:fios_filigrana:20210420013953j:image