fiosブログ

ジュエリーを愉しもう! ポルトガルの金銀細工フィリグラーナの制作や、ジュエリーと共に送るヨーロッパでの日々。

魚の食べ放題

もう先週の話だけど、セトゥーバルという港町にお魚を食べに行きました。

先日その日の様子を動画でアップしてます。

 

数年前に行ったことがあるのだけど、炭焼きの魚の食べ放題です。平日は14.8ユーロ(2000円弱)で、パン、付け合わせ3種、飲み物、コーヒー込み。ブラジルのシュラスコご存知ですか?大きな串焼きの肉を店員さんがテーブルを回ってサーブしていくシステムです。いろんな種類が用意されていて、食べたくないものはパスしてよし。今回私が行ったのは、それのお魚バージョン。

f:id:fios_filigrana:20211028041340j:image
f:id:fios_filigrana:20211028041338j:image

私は一人で行って、ひたすら食べ続けたわけですが、それでお皿の魚を食べ終わる頃に次のが来る、といういいタイミングで持ってきます。横のカップルは、ずっと話に夢中で、トレーにいくつもお魚が溜まっていってました(笑) ああなると、もう食べれないのよねぇ、なんて思いながらジー

10種類以上出てきたので、最後の方は好きなお魚がお腹の限界で食べれなかったけど、焼き立てで出してくれるし、お魚は皆新鮮で、すごくよかったです。途中イカや小アジはフライにしたのも出していて、ちょっとした味変になりますね。魚の種類は変わっても、やっぱり塩を振って焼いてあるだけなので、どうしても味に飽きてしまい、テーブルに出してあるビネガーやオリーブオイルで地味に味を変えながら食べました。

少しお醤油かけたら、もっと食べれるのよねー、なんて次回の秘策を練ったり(ウソ)。

 

家では私の場合肉料理に偏りがちなので、久しぶりにお腹いっぱいお魚食べました。

楽しいランチでした。

 

その時の動画はコチラです👇

youtu.be

 

 

枕パイ?

こんにちは。

先日珍しくパイを焼きました。生地は、市販のパイシートを使ってしまいましたが、中に入れる餡が、アーモンドプードルと卵黄のクリーム。

レシピ動画を公開してるので、是非ご覧ください!↓↓↓

シントラ名物トラべセイロス、アーモンドと卵黄のクリームパイです。 - YouTube

f:id:fios_filigrana:20211016193857j:image
f:id:fios_filigrana:20211016193900j:image

これ、リスボン近郊の観光地シントラの名物なんです。観光で来る方は、シントラというとよくケイジャーダというチーズケーキをお土産に買っていきますが、それは形が比較的崩れにくく日持ちするから。ケイジャーダに負けないくらい有名なのが、このアーモンドと卵黄のパイ、トラべセイロスです。

卵黄もたっぷりなところはポルトガルらしい(笑)。

トラべセイロって言葉は、長い枕のこと。確かにくるりと巻いて、枕みたいな形です。甘い甘い夢が見れそうな枕ですね。

現地のレシピではかなり甘くなりそうなので、私はお砂糖の量を通常の2/3くらいにしました。それでも結構甘いですよ。そして一つのサイズを小さめに。一度に食べきれないから、残りはラップでくるんで冷凍庫で保管。食べたい時に自然解凍で二時間も置けばオッケーです。

こういうお菓子には、エスプレッソがよく合います。パイとカフェで口に残る甘苦い感じが、なんとも心地いいのです。

 

ダイエット中なのに、たまにお菓子作りたくなるんですよ、、、。痩せるわけないですよね💧

 

 

フライパンでパンを焼く

先日動画でレシピをご紹介した、マデイラ島の名物ボーロ・ド・カコ。

レシピ動画はコチラ↓↓↓

フライパンで焼く、さつまいもパン!モチモチの焼き立てパンに、ガーリックバターをたっぷり塗って、いただきます!receita de Bolo do Caco - YouTube

さつまいもが生地に入ってるからか分からないけど、モチモチになります。一度に食べきれないので、何枚か冷凍してあって、今日はそれを使って、これまた作り置きしてある焼豚(こっちは和風)とキャベツの千切りで、サンドイッチにしました。

f:id:fios_filigrana:20211010213519j:image

キャベツはマヨネーズで和えて、焼豚には少しマスタードを塗って、ウマっ😋

パンは冷凍してるから、急いで食べなくてもいいんだけど、冷凍庫のスペースを空けないと、次が作れないですからね😅

焼豚って味が濃いから、メインのおかずにもできるし、細かく切って具材にしてもいいし、重宝しますね。今回1.2キロくらいの肩ロースを使ってます。たくさんあるから、また冷凍です。

一人暮らしで、ほぼ100%自炊だから、冷凍庫とタッパーは大活躍です。

今日は、大好きな栗のスープもまた作ったので、これまた残りは冷凍です。

栗のスープレシピ動画はコチラ(オススメです!)↓↓↓

リピート確実、栗のスープ。たったこれだけの材料で、栗〜ミ〜な絶品スープができる! - YouTube

 

さて、明日はギター教室の日なので、練習しとこうっと。

マルメラーダはマーマレード?

ポルトガル語が日本語になった言葉はたくさんありますが、マーマレードもその一つと言われてます。ポルトガル語マルメラーダ。ただし、モノが違う😆!

マーマレードは、皮も入ったオレンジジャムのことですが、ポルトガルマルメラーダというのは、マルメロ(西洋カリン)から作った、羊羹のような食感のお菓子です。カリンを砂糖で煮て作るので、トロトロの状態ならジャムと言ってもいいですが、マルメラーダは固形です。

f:id:fios_filigrana:20211005063619j:image

よくホテルの朝食でも出ていて、「あの羊羹みたいなの何ですか?」って日本の方は聞いてきます。羊羹のような食感のものって、普通あまりないですもんね。

 

さあ、今回は、このマルメラーダのレシピをご紹介した動画を作りました。

f:id:fios_filigrana:20211005063709j:image

よろしかったら、ご覧ください!

チャンネル登録も、ぜひよろしくお願いいたします。

↓↓↓

甘酸っぱい西洋カリンのお菓子、マルメラーダ。チーズと合わせて召し上がれ。 - YouTube

鍵の悲劇

昨日、ワタクシ女優としてデビューいたしました。

なんて冗談ですが、ポルトガルの映画にちょこっと出させていただきます。私とあと日本人2人。役は、日本人観光客😂

f:id:fios_filigrana:20210930021642j:image
f:id:fios_filigrana:20210930021639j:image

暗くてなんだかよく分からない写真だけど、撮影が夜だったので、、、。植物園で、ガイドさんに先導されて歩くシーンです。

23時ごろに私たちの撮影は終わりました。

さあその後ですが、実は、家を出るときに、うっかり鍵をドアの内側に挿したまま閉めてしまったのです。ポルトガルの家のドアは閉めると外からは鍵を使わないと開かないので、つまり締め出し😱

鍵は、合鍵も含め、全て家の中🤯

最悪です。

もちろん家を出たとき、ドアを閉めた瞬間に、やってしまったーっ、と思ったわけですが、一度閉めるとどうにもなりません。

いやー、これすでに10年以上前に一度やってしまったんですよ。その時も帰宅は深夜。なんとか来てくれる鍵屋さんを見つけて開けてもらい、真面目そうな鍵屋さんは、私が確かにここの住人であることを確認し(ドロボーだったらマズイですからね)、本来は消防署に連絡しないといけないんですけど、今回は特別に、という感じでした。それが10年以上前の話。

そして今回、撮影が始まる前にネットで調べたら、すぐに「解錠サービス24時間」みたいなサイトが出てきました。以前よりずいぶん簡単にそういうサービスをお願いできる感じになってて驚き。

お願いした時間に少し遅れてやってきたブラジル人の若い二人組。なんとなく一緒にエレベーターに乗るのも少し落ち着きませんでしたが、仕方ない。

そして、ドアと壁の隙間にカード状のものを差し込んで、2秒でカシャっと開きました。はい、85ユーロお支払い😢

しかし、これ見た瞬間に、やっばー、と思いましたよ。外出する時はちゃんと鍵を5周くらい回して施錠するけど、家にいる時は、基本外からは開かないし、と鍵穴にただ鍵を刺してるだけにしてる私。今日からは家にいても鍵5周回して施錠!これ絶対必要だな、と思いました。でないと、ホントに一瞬で開けられて強盗に入られそう。

 

今回来てくれたブラジル人の解錠サービスの人たち、これで稼いでるだけかしら、、、と疑わずにはいられないのでした。

栗の大量消費

先週泊まった宿は、広大な畑があって、果物がいろいろとなっています。

前回7月初めに行った時は、プラムをたくさん収穫しましたが、今回は栗。もう栗の時期なのですね。

f:id:fios_filigrana:20210928011836j:image

拾い出したらやめられなくて、気がつくと、袋を持ち上げるのも大変なくらいに😆

ポルトガルでは、豚肉のソテーに栗を入れたりするお料理もありますが、これだけたくさんあるので、一気に使おうと思って、スープにしました。

f:id:fios_filigrana:20210928012056j:image

この栗のスープ、実はもう何度も作ってます。珍しい食材は一切なし、普通にどこのスーパーでも買えるもので、しかもわずかな品目で作れるスープなのに、とても深い味わく、絶品。栗の優しい甘みと、ブラックペッパー、そしてオリーブオイルの味がバランスよく混ざり、最高に美味しいスープですよ。

栗は、もし剥いてある冷凍のものとか売ってれば、それで代用してもいいですよ。

これは絶対みんな試して欲しい!と思うので、レシピをご紹介しました。試してみてね!

👇👇👇

リピート確実、栗のスープ。たったこれだけの材料で、栗〜ミ〜な絶品スープができる! - YouTube

 

お腹ペコペコ、でも時間がない!そんな時はコレですよ!

ポルトガルの外食は、基本かなり時間を取られます。というか、掛かる時間が読めないっ。

日替わりメニューとかでたまたま早く出されることもあるけど、次に遅刻できない予定が入ってたりすると、確実に早く食べれるものにしないといけないですよね。そんな時は、これです!ビファーナ!豚肉サンド。

f:id:fios_filigrana:20210923224032j:image
f:id:fios_filigrana:20210923224028j:image

リスボンの中心地でも何ヵ所か人気店があります。私が何度も行っている二店は、どちらもお肉が何重にも重なってて、かなりの"つゆだく"!で、普通ありえないと思いますが、私のオーダーの仕方は、「お肉少なめ、つゆ抜き」🤣 だってさ、パンから汁が滲み出て、手も口の周りもベタベタになっちゃうの。

 

でも、ビファーナって、ポルト風とか、ベンダス・ノーバス風とか、他にもあるかな?地域性があるようなので、リスボンから近いベンダス・ノーバスはどんな感じか、試食しに行きました。上の2枚の画像は、そのベンダス・ノーバスで食べたビファーナです。

結論、ベンダス・ノーバスのビファーナは軽くて食べやすい!お肉はパンから少しはみ出す一枚。味の濃さもちょうどよく、パンも軽ーい空気がたくさん入ってるカルカサと呼んでるタイプ。つゆだくのベタベタでもなく、パンが軽くトーストしてあるのも良い感じ。

私は食べ比べできるようにお腹を空かせて行ったので、2個ペロリ😆

 

というわけで、このビファーナのレシピを動画にしました。ベンダス・ノーバスで試食した時の様子もご覧いただけます。

👇👇👇

ポルトガルB級グルメと言えば?ビファーナ!こってり派は、つゆだくでどうぞ! - YouTube