fiosブログ

ジュエリーを愉しもう! ポルトガルの金銀細工フィリグラーナの制作や、ジュエリーと共に送るヨーロッパでの日々。

スモモジャム

日曜日に収穫したハリウッドスモモ🍑。

ゴリゴリで酸っぱかったから、追熟させるために数日放置することにしたわけですが、相変わらずゴリゴリです。もう今回のは諦めて、全部ジャムにしてしまおう。

ただね、元々ジャムってあんまり使わないので、このジャムをケーキの表面に塗るとか、何かいいアイデアないかなぁ、なんて考えてたら、いいもの浮かびました。パンナコッタ😍

パンナコッタに掛かるソースにすればいいじゃん😊

 

パンナコッタは大好きだけど、作ったことないので、レシピを検索してみると、なーんだ、簡単そう。

早速生クリームと牛乳を買ってきて、試してみました。

プラムのソースというかジャムというか、白ワインとたっぷりのお砂糖で煮詰めて、すぐにトロトロになるので、これまた簡単。でも甘さで酸味が消せるわけではないから、甘酸っぱい。

f:id:fios_filigrana:20210507030405j:image

f:id:fios_filigrana:20210507030525j:image

ガラスの器が二つしかなくて、残りはベトナムのバッチャン焼きの湯呑みを使ったので、パンナコッタに見えないかも😄

クリーミーなパンナコッタと酸味が効いたソース、よく使われるベリー系のソースと味のイメージは近いです。

 

今回採ってきたハリウッドスモモ、まだ1/3くらい残ってる。甘くなる気配はないし、残りもジャムにするしかないか。

でも熟すと甘くて美味しいらしいので、もう少ししたらまたどこかで収穫してみよう。

ハリウッドスモモ

昨日、友人とブランチ&ドライブに出掛けて、久しぶりのお出掛け、楽しかった。

f:id:fios_filigrana:20210503234934j:image

内陸のアレンテージョ、平坦な地形が果てしなく続き、コルクの木、オリーブの木、そしてブドウ畑が作り出す景色はこの地方独特。

あとひと月も経つと、日中耐えられない暑さになってしまい、乾燥して緑もなくなってしまうのですが、この時期は草花がとてもきれいです。自然に生息するカラフルなお花畑を見てると幸せな気分になります。

 

と、ドライブも楽しみましたが、ちょっと面白いものも見てしまったの。

f:id:fios_filigrana:20210504000319j:image

糞転がし!😂

大きな塊を、コロコロ、コロコロ、運んでおりました!かわいい!

 

そして、リスボン近郊に住む友人の家の側に、ハリウッドスモモの木があって、この木は、リスボン市内でも街路樹でよく見かけるのですが、たわわに実った真っ赤なスモモがたくさんぶら下がってるのですよ。

f:id:fios_filigrana:20210504000719j:image

f:id:fios_filigrana:20210504000740j:image

誰も取らないから、背が届くところにもたくさんぶら下がってて、一つ試しに食べてみたら、甘くはなかったけどすごくジューシー!

これは、砂糖を加えたらお菓子に使えるかも、と思っていっぱい収穫してきちゃいました。

今日、早速試しにジャムを作ってみたけど、酸っぱさが強いので、何日か置いて少し甘くなったら、ケーキにしてみようと思ってます。甘くならなかったら、全部ジャムかな。

ミニリンゴちゃんたち変身

あのかわいいビジュアルにやられて、たくさんミニリンゴ買ってきたけど、実はリンゴってそれほど好きじゃないのでした😓

このサイズをうまく利用して作れるお菓子ないかなって、レシピ検索してると、いいのがありました。レシピではもちろん普通のサイズのリンゴを使ってるのだけど、この小さいので作るとかわいらしくなりそう!と思って、はい、こんなの出来ました✌️

f:id:fios_filigrana:20210430040658j:image

f:id:fios_filigrana:20210430040713j:image

薔薇の花(ちょっぴり椿みたいかな)のカップケーキです。

中にはリンゴを小さく切ったものと、ラム酒に漬けたドライクランベリーが入ってます。小さなカップケーキだけど、バターをたくさん入れてるので、一日一個だけね。

明日は友人のお誕生日会に呼ばれていて、タイ風のスナックを作って持っていこうと思ってるけど、このケーキが明日劇的に美味しくなってたら、これもいくつか持っていこうっと。

経験上、ほとんどのケーキが作った当日より翌日の方が美味しいこと分かってるので、それを期待して。

 

かわいすぎるリンゴちゃん

昨日、近所の八百屋さんで、かわいい果物買ってきました。

f:id:fios_filigrana:20210428230131j:image

みかんが巨大なのか、リンゴが小さいのか😄

 

はい、リンゴが小さいんです。

りんご飴のリンゴより小さいです。重さを測ると、20〜30g。コロコロとよく転がって、籠に載せる時も2個3個、転がり落ちて、テーブルの下に落下してしまいました。

あまりに可愛くて、たくさん買ってしまいましたが、どうしようかな。味とか食感は、普通のリンゴと変わらないです。もちろん皮なんて剥いてられないので、4つ切りにして中の芯の部分は切って、皮も食べてしまいますが、普通サイズのリンゴを皮のまま食べた時の感じそのまま、って、皮の存在感のことです。そして、中の身は硬いとか酸っぱいとか、そんなこともなく、本当に普通のリンゴ😊

お値段は、安かったです。キロで0.55ユーロ、つまり70円ちょっと。

 

ケーキでも焼いてトッピングに使おうかな。

この小ささを上手く利用しないと、意味ないし。

 

でもかわいいから、しばらくテーブルに置いておこうかな。

フォトセッション

先日ポルトガルのある雑誌の取材を受け、私の写真を外で撮りたいということで、行ってきました。

ギターを持った姿がいいと言われ、ギター抱えて近くの公園に。そしてフィリグラーナの作品は、いくつか単体で撮ってもらいました。

そそっかしい私、ギターをケースから出すときに、しゃべるほうに神経がいってしまってたのか、手からギターが滑り落ちてしまい、2カ所目立つ傷を付けてしまった!大ショック。

 

撮った写真は一通り見せてもらって、自分で選ばせてもらうけど、それにしても、ざっと見せてもらったところ、顔がまん丸!太陽がもろに当たるところで撮ったら、もう私の顔が太陽状態🌞 顔がデカいから横顔にしてね!お願いだから後でこのシワ全部消してね!と注文いろいろ付ける私。

 

撮影もなんとか終わり、私は少し鴨と遊んでから帰ります、とフォトグラファーの方とお別れして、お茶してたら、来た来た。

f:id:fios_filigrana:20210422190808j:image

f:id:fios_filigrana:20210422190812j:image

鴨が来たらおいでおいでして、鳩が来たらシッシッと追い払う🤣

 

さ、じゃあそろそろ帰ろうっと。

免許更新

今年は運転免許と船舶免許が切れるので、そろそろ手続きをしようと思い、問い合わせました。

早めにやっておきたかったのですが、私は去年引っ越しをして、まだポルトガルの滞在許可証が前の住所のままだったんです。滞在許可証は、私たち外国人がこちらで身分証明書として使うものなので、各種手続きにおいて必ず提示しないといけません。というわけで、まずは滞在許可証の住所変更から、と外国人管理局に問い合わせたのが去年の12月。そして、リスボン市内か近郊で一番早く手続きできるところとお願いしたら、予約を取れたのが今日でした。

さて、一応手続き済みという紙をもらったので、次は免許と、車のほうと船のほう、どちらも問い合わせ。

船舶免許は、なんとビックリ、2018年に法律が改定されたとかで、今有効の免許は、本人が70歳になるまで有効になってます、とのこと。

f:id:fios_filigrana:20210420012238j:image

免許証には有効期限2021年となっているけど、特に書き換えなしで70歳まで使えますから気にしなくていいですよって。ポルトガルの船舶免許は、世界のかなりの国で有効なんですけど、もし外国で船に乗ることがあるなら、新しい免許証に交換しておいてください、と言われました。うーん、ポルトガルでもほぼ使うことがないので、外国で使う可能性はかなり低いわ。

私は免許を取ったのが40歳になった時で、これが70歳まで使えるということは、しゃ、写真が古過ぎないかい?😓

うーん、もし写真も新しいものに変えれるなら、やっぱり暇な時に有効期限を変更したものに変えてもらおう。

日本だと、船舶免許も自動車免許と同じく5年更新だそうですね。国によって、こんなに違いがあるって驚きます。

ちなみに私の車の免許証は20年前のもので、今写真を見てもそんなに著しい変化は感じないですけどね。と自分で言ってますが、他の方の意見は聞いてません😆

 

話はガラッと変わりますが、今日から規制緩和第三段階、やっと飲食店の店内飲食が再開しました。

今朝外国人管理局に行ったとき、一時間前くらいに着いたので、近くのカフェで早速店内飲食してきました。なんか嬉しかった☺️

f:id:fios_filigrana:20210420013907j:image

そしてマロニエのお花もきれいだったので、パチリ。

f:id:fios_filigrana:20210420013953j:image

ドロドロの食べ物

今日は土曜日、お天気もいいし、少し外に出ようかな。

ランチは、ポルトガルのレストランではよくあるお料理で、アソルダ。アソルダって、パンをお汁に浸してドロドロにした食べ物です。もんじゃ焼きの食感を想像してもらうといいかな、でもメインディッシュでたっぷりいただくものです。

見た目は、、、

f:id:fios_filigrana:20210417231956j:image

ジャーン🎉

アソルダはいくつか種類がありまして、今回は、一番定番の海老🦐。エビを茹でた後の出汁と、剥いた後の頭や尾っぽなどを鍋に戻してトマト🍅を足し、ブレンダーで潰してしまいます。それを濾してほぐしたパンに半分ほどかけてパンを柔らかくしておきます。別の鍋で、オリーブオイルでニンニク🧄と唐辛子🌶を炒め香りを出し、残りの汁を入れ、パン🥖を入れ、ひたすら混ぜます。剥いた海老や刻んだコリアンダーも入れて、最後に火を止めて卵を入れて混ぜます。全卵を入れてしまってもいいけど、私は卵白だけ入れて混ぜ、テーブルに持っていく時に真ん中に黄身を載せます。今回は中身を使った残りのパンを器にしてます。これもよくある使い方ですが、アルミの鍋やテラコッタの器に入れて出すところもあります。

そして食べる時にスプーンで全体を混ぜます。どっちでも構わないでしょうけど、黄身が載せてあると、見た目が面白いでしょ?😊

味付けは、塩コショウとパプリカ少し、シンプルな味です。今回使ったパンは、小麦粉とライ麦のミックスだったので、パンに酸味があり、それが少し強く感じました。

食感は、もう写真見ていただくだけでおわかりいただけるかと。

f:id:fios_filigrana:20210417233118j:image

ドローっ。

こういう食べ物なんです。

 

ポルトガル人、ドロドロした食べ物好きなんですよ。